観察データ

観察データの使い方

かぐら

180408
日付と場所
投稿者 Observer 長井里奈
観察日付 Observation At 180408
投稿日時 Posted At 180408 23:57
エリア Range 谷川・かぐら Tanigawa/Kagura
山岳 Mountain かぐら
場所 Location かぐらBC
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1400m〜2000m
気温 Temp. -6.1(1015hrs / 1950m) 〜 -6.3(1250hrs / 1870m)
天気 Sky SCT 雲量4-5(徐々に雲量が増え、昼頃よりOVC)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:VRB
風コメント Wind Comments:地形・時間帯のほんの少しの違いで全ての風向があった
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S-1
降水コメント Precip. Comments:朝はNil 正午過ぎより一時的にS2のあと一旦止み、その後再び降雪。
雪崩などの観察 Avalanche Observations 真新しいものは無し。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack MFcrの上に、雨から始まりよく締まった新雪が5~15cm載る。旧雪と新雪の境界はスキーでズレやすいが伝播性は感じられない。MFcrは1800m以下では水分を多く含む。1600m以下では積雪表面はモイストになりつつあった。
Spin No
コメント Comments 沢状の吹き溜まりでも、エッジを立てるとカリカリを拾う。斜度の緩い場所での限定的な行動。
動画URL Movie
総括