唐松岳

2018/12/31
日付と場所
投稿者 黒田 誠
観察日付 2018/12/31
投稿日時 2018/12/31 16:55
エリア 白馬
山岳 唐松岳
場所 八方池
同行者
Avalanche infomation
観察データ
標高 1830m〜2070m
気温 -10.5(1300hrs / 2070m) 〜
天気 BKN 雲量6-9(国境稜線は終日雲の中、概ね丸山が雲のライン。)
風速:M 8-11m/s
風向:W
風コメント:午後から北西に風向きが変わる。雪が風によって常時運ばれていた。
降水 降水の種類:None なし
降水の強度:
降水コメント:
雪崩などの観察 ガスの向こうで判然としないが、2400-2600mの南東面に自然発生の面発生雪崩の破断面が複数確認された。全容は見えないが、サイズ1.5-2.5程度と推測される。
雪崩発生有無 Yes
積雪構造 風の影響を強く受けている。非常に硬い氷化した1227MFcrが露出してる部分も散見された。1227周辺の温度勾配は概ね解消されてるが、再結晶化した層はテストに反応する(CTM(SC))。雲粒が付かない綺麗な降雪結晶が、厚みを持って積雪表面に載っている。
Spin no
コメント まだまだ積雪が足りない
総括