乗鞍岳

2019/01/14
日付と場所
投稿者 鳥山 強
観察日付 2019/01/14
投稿日時 2019/01/16 09:36
エリア 乗鞍・宝剣
山岳 乗鞍岳
場所 位ヶ原
同行者
Avalanche infomation
観察データ
標高 2000m〜2600m
気温 -4.4(0954hrs / 2000m) 〜 -1.9(1200hrs / 2350m)
天気 CLR 雲量0()
風速:L 1-7m/s
風向:W
風コメント:飛雪がL
降水 降水の種類:Nil なし
降水の強度:
降水コメント:
雪崩などの観察 NO
雪崩発生有無 No
積雪構造 ALPでは、雪面が氷化したところは稀でスキーペンは概ね2cm程度。沢地形では雪面硬度はFで滑走しやすい。 以下の情報はすべてプローブにて。HS90cm@2000m。HS125cm@2350m。HS120cm@2500m。HS135cm@2600m。積雪内にブロービィングを妨げるほどの硬い(主に氷化した)層は感じられない。
Spin no
コメント ALPでも穏やかな1日を過ごせた。位ヶ原から眺めまわす急斜面にはエッジ痕が散見し、森林限界付近の北・急斜面でも『スラフも出ずエッジが効いて快適に滑れた』とは他スキーヤーからの弁。
総括

薄い積雪による温度勾配により、今後の積雪内部での変化に留意したい。