雪崩ハザード評価の登録

投稿者 中村昭彦

投稿日時:2019/01/28 17:56

エリア上信越その他 山岳関田山脈 場所安塚BC

観察日付:2019/01/28


標高970m〜1110m
同行者酒井敬子


観察データ

気象データ


気温 -1.8(1120hrs / 1100m) 〜


天気

午前SCT 雲量4-5
午後SCT 雲量4-5


降水種類

午前Nil なし
午後Nil なし


降水強度

午前
午後


HST


HS Range


風速

午前M 8-11m/s
午後M 8-11m/s


風向

午前S
午後S


飛雪


気象コメント 次第に雲に覆われる


雪崩データ


雪崩などの観察 特になし


雪崩発生有無 No


シューティングクラック No

積雪データ


重要な層と弱層とテスト結果


積雪構造 主に北面を行動。積雪表面は昨日までの風の影響を強く受けている。稜線付近では強い南風によって厚さ10cmのウィンドスラブを形成している。伝播性はあるが限定的


観察に関わるコメント


強い風の影響を避けて行動した。 森の中はよく走る締まった雪質で楽しめた。

一覧に戻る

Donation -寄付-

日本雪崩ネットワークは様々な情報を提供するために、日々活動しております。今後も持続し続けて行くためにも皆様のご協力が必要です。