札幌岳BC

2019/03/18
日付と場所
投稿者 Jun Ishiguro 石黒 淳
観察日付 2019/03/18
投稿日時 2019/03/18 16:03
エリア 札幌
山岳 札幌岳BC
場所 北尾根
同行者
Avalanche infomation
観察データ
標高 360m〜1150m
気温 -0.5(1030hrs / 780m) 〜 4.1(1330hrs / 450m)
天気 FEW 雲量1-3(0900hrsはCLRだんだん雲量が増えた)
風速:L 1-7m/s
風向:W
風コメント:稜線はM-W 稜線直下は風向が一定せず
降水 降水の種類:None なし
降水の強度:
降水コメント:
雪崩などの観察 Na,L, size1 複数 Sa, Sc, Dry Loose , size1 複数 NE-N向きの斜面にて  WL, size1E向きの斜面にて
雪崩発生有無 Yes
積雪構造 E-N向きを行動。 北斜面は雪温が高いもののかろうじて含水率がD(ドライ)を保つ、積雪表面から60-80㎝ほどまで再結晶化している。 全方位Down25-30cm に複数のMF/FCがあり、N-NE向きではこのMFが再結晶化してクラスタがつながっておらずCTで結果が出るが、上載に硬度がないため伝播はない(ECTN)。斜度のあるパートではこの層を境界にDry Loose(スラフ)が落ち、足はやや長い。  S-E向きの斜面ではこの面を境界に日射で融解した最近の雪がWet Looseになるが、足は長くない。 HSは180-200.
Spin no Yes(2282)
コメント ドライアウトしたパウダー。スラフが出るので小さな地形を利用しながら滑降した。
総括