旭岳

2020/01/21
日付と場所
投稿者 藤井大志
観察日付 2020/01/21
投稿日時 2020/01/21 17:32
エリア 大雪山
山岳 旭岳
場所 南東斜面
同行者
Avalanche infomation
観察データ
標高 1110m〜1617m
気温 -12.3(1238hrs / 1240m) 〜 -11.0(1405hrs / 1110m)
天気 SCT 雲量4-5(ピークは見えないが視界は良好)
風速:M 8-11m/s
風向:NW
風コメント:@1600mより上部はS。飛雪を広範囲で観測。
降水 降水の種類:None なし
降水の強度:
降水コメント:
雪崩などの観察
雪崩発生有無 No
積雪構造 南東斜面のHST50cm。南斜面の旧雪は厚さ2㎝、硬度PのMFcr。ストックでブレイカブル。ScでMFcrとHSTでの反応は無い。 尾根の風下直下に厚さ30㎝、硬度FのWSL。Scで反応する。滑り面DF。弱層PPsd。
Spin no
コメント 南向き斜面では想像以上のMFcrを観測。想像であるが20200118-0119の晴天(気温はとても低かった)で融解して20200120で形成されたと思われる。HSTは低密度を保ちスラブ化していないが留意したい。
総括

風を伴ったHSTは旧いトラックを隠すが、低密度で滑走では底付きする。視界良好で斜面利用は多い。