観察データ

観察データの使い方

立山

210418
日付と場所
投稿者 Observer 川田尚規
観察日付 Observation At 210418
投稿日時 Posted At 210418 18:04
エリア Range 立山・穂高 Tateyama/Hotaka
山岳 Mountain 立山
場所 Location 室堂平
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 2270m〜2280m
気温 Temp. -7.1(1445hrs / 2270m) 〜
天気 Sky X 不明()
風 Wind 風速 Wind Speed:X >17m/s
風向 Wind Direction:SW
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S5
降水コメント Precip. Comments:S3に弱まったり断続的に降る。
雪崩などの観察 Avalanche Observations 視界不良のため観察なし
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 210417からの硬度1F程の密度の高いHN20-50cmがMFcrの上に載る。 MFcrとの境界面に4Fの密度の低いザラメ層がありCTE1(SP)down50の結果。 またHNの中にウィークインターフェースが複数ありBTT5(SP)down 20の結果。 積雪表面から40-60cmの間に強い温度勾配が見られる。 スキーペン5-10、フットペン45 風の通る箇所ではMFcrが露出している。
Spin No
コメント Comments 風下斜面での極めて短時間で限定的な範囲での観察、強風下での観察であったため簡易的であることに留意。
動画URL Movie
総括

地形形状や上部の発生区に気をつけて行動したい。