観察データ

観察データの使い方

真砂岳

210520
日付と場所
投稿者 Observer 黒田 誠
観察日付 Observation At 210520
投稿日時 Posted At 210520 19:50
エリア Range 立山・穂高 Tateyama/Hotaka
山岳 Mountain 真砂岳
場所 Location 内蔵助
同行者 Co-worker 加藤直之
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 2260m〜2860m
気温 Temp. 8.0(1415hrs / 2380m) 〜
天気 Sky OVC 雲量10(0400頃はFEW。時間の経過ととも高層の薄雲が増え、南から厚みのある雲が迫ってきた。)
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:SE
風コメント Wind Comments:朝は稜線のみ南風が強く、時間の経過とともに全標高帯でつよまる
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:R 雨
降水の強度 Precip. Rate:RM
降水コメント Precip. Comments:1400より降雨が始まる。
雪崩などの観察 Avalanche Observations 2810m東向き斜面にて、昨日のものと思われる雪庇崩壊により引き起こされたサイズ1.5の湿雪面発生雪崩。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 昨日までの降雨でしっかり濡れた積雪は、夜の放射冷却と気温降下で再凍結。高曇りの日照と昇温により再融解。午後よりの降雨でしっかり濡れた状態に。
Spin No
コメント Comments 融雪が一気に進んだ。意外に滑りは快適だった。
動画URL Movie
総括

剱方面なら、雪庇崩壊をより警戒すべきかも