観察データ

観察データの使い方

立山

211123
日付と場所
投稿者 Observer 旭 立太
観察日付 Observation At 211123
投稿日時 Posted At 211123 20:44
エリア Range 立山・穂高 Tateyama/Hotaka
山岳 Mountain 立山
場所 Location 立山室堂
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 2376m〜2430m
気温 Temp.
天気 Sky OVC 雲量10()
風 Wind 風速 Wind Speed:S 12-17m/s
風向 Wind Direction:NW
風コメント Wind Comments:強弱をくりかえす
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S1
降水コメント Precip. Comments:1400頃よりS3
雪崩などの観察 Avalanche Observations 2414m、東向きの風下斜面にて、面発生雪崩、サイズ1.5、Sc。2418m、南東向きの風下斜面にて、面発生雪崩、サイズ1.5、Sc。ともにリモートで横幅10〜15m、破談面の深さ50cm、弱層は積雪層内のウィークインターフェイス。 標高2190m付近のSE斜面にて、サイズ1.5、点発生雪崩、Na、複数。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 旧雪に昨夜からの風の影響を受けたHST20〜70cm程度がのる。HSTはあられまじりで0630の観測時より焼結が進む。積雪表面から50cmは高密度、旧雪までの下層は低密度で顕著な逆構造。
Spin No
コメント Comments 尾根上の風下側斜面ではシューティングクラックが容易に入る。
動画URL Movie
総括

雷鳥荘周辺から室堂周辺の限定的な観測。ルースは大観峰駅付近で観測。サポートある地形でのスキーカットなのでサイズは1.5だが、サポートのない地形であれば2以上は確実。ハードスラブで非常に重い。