観察データ

観察データの使い方

立山

211128
日付と場所
投稿者 Observer 平田雄樹
観察日付 Observation At 211128
投稿日時 Posted At 211128 21:09
エリア Range 立山・穂高 Tateyama/Hotaka
山岳 Mountain 立山
場所 Location 室堂高原
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 2200m〜2550m
気温 Temp. -11.3(1320hrs / 2200m) 〜 -10.2(1040hrs / 2250m)
天気 Sky CLR 雲量0(1日を通して雲は少なく気温の低い日だった。)
風 Wind 風速 Wind Speed:C 0m/s
風向 Wind Direction:N
風コメント Wind Comments:風の当たる地形ではL.稜線上では飛雪が有った。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations AMに発生したと思われるSa 乾雪面発生SIZE1、2400m E〜NEで複数。 Na.Nc.Sa乾雪点発生SIZE1日照急斜面で複数。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 前日からの降雪による降雪結晶を含む硬度Fの新しい積雪が風の影響の無い斜面では30〜60cm、硬度1Fの旧雪の上に載っている、結束が弱くAM日射の当たる斜面では雪庇や人の刺激によってスラフが流れた。 風の影響を受けた地形では稜線直下風下に形成されたウィンドスラブはシューティングクラックが入るが抵抗が有り急斜面でも伝播性は低い、風の影響の強さや風向きは地形によって多様性が有る。
Spin No
コメント Comments
動画URL Movie
総括

AM早い時間帯の放射冷却により深い沢のボトム付近には表面霜が形成されていた。