観察データ

観察データの使い方

富良野岳

211223
日付と場所
投稿者 Observer 川田尚規
観察日付 Observation At 211223
投稿日時 Posted At 211223 17:27
エリア Range 十勝岳 Tokachi-dake
山岳 Mountain 富良野岳
場所 Location ベベルイ沢
同行者 Co-worker 藤井大志
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1000m〜1400m
気温 Temp. -12.3(1100hrs / 1400m) 〜 -7.6(0755hrs / 1010m)
天気 Sky X 不明(1200m以上はガスに包まれる)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:W
風コメント Wind Comments:1300m以上はMの風、方位W
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S1
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 1250m沢の法面でSaストームスラブSize1
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 高度Fの低密度なHNが30cmほどが旧雪に乗り下部に向かって硬度を増す再構造。1300m以上の稜線上は吹き払われて硬く風下にはウインドスラブを形成していた。 1400mにてHS170、積雪表面から150cm下のMFcrの下部にFCの層がありCTH23(sc)down150の結果。
Spin No
コメント Comments 局所的なノール面にてストームスラブが反応した。
動画URL Movie
総括

BTLはヤブが濃く歩くのにも苦労した。ラインを選べば楽しめました。