羊蹄山 Mt.Youtei

2021/12/25
日付と場所
投稿者 Jun Ishiguro 石黒 淳
観察日付 2021/12/25
投稿日時 2021/12/25 18:20
エリア ニセコ・羊蹄・余市・尻別
山岳 羊蹄山 Mt.Youtei
場所 南東斜面 SE
同行者
Avalanche infomation
観察データ
標高 300m〜1100m
気温 -10.8(1140hrs / 600m) 〜 -7.1(1224hrs / 860m)
天気 OVC 雲量10(時折空が見え雪面に日が差した)
風速:L 1-7m/s
風向:W
風コメント:
降水 降水の種類:S 雪
降水の強度:S1
降水コメント:
雪崩などの観察 Na, size1, multiples, Dry Loose @Steep east-facing slope of stream topography 乾雪点発生サイズ1複数 沢地形の東向きの急斜面
雪崩発生有無 No
積雪構造 MFcrの上に最近の大量降雪が載る。この積雪量は別途記載。MFcrの上下にFC(再結晶)化した層はなく、最近の降雪内に、PPsd(樹枝状結晶)由来の粒径2.0㎜のDF(こしまり)がありCTでクリーンな結果が出るが、上載がスラブ化していないため伝播はしない。温度勾配があるので要注目。斜度を上げた場所には日射でできた薄いMFcrがありクラスト自体がぼそぼそに再結晶化している。CTで鈍い反応があるがシアーがクリーンではないCTH(RP)  1000m以上は風の影響を受けていて、雪の移動が見られた。 100-150cm HST snowpack is placed on top of MFcr. There is no FC layer above and below the MFcr. There is a DF 2.0 mm metamorphosis from PPsd ( crystals) in HST, which gives clean results in CT, but does not propagate because the top is Slaby. There is a temperature gradient that needs attention. Above 800m , there is a thin MFcr formed by solar radiation, and the crust itself has be faceted into a fuzzy mess. CTH (RP) shear is not clean. Above 1,000 meters, surface is effected with wind blow and snow is moving
Spin no Yes(3856,3866)
コメント @300m-HS:90 MFcr:↓75㎝  @400m-HS:140 MFcr:↓105㎝  @620m-HS: 140 MFcr:↓100㎝ @730m-HS:150 MFcr:↓110㎝ @860m-HS:190 MFcr:↓130㎝ @1000m-HS:170㎝ MFcr:↓150㎝ @1100m-HS:160㎝ MFcr:↓130㎝
総括

800m以上はブッシュもほとんど埋まり、滑走では頭から雪を浴びる。