観察データ

観察データの使い方

妙高山

220107
日付と場所
投稿者 Observer 須藤 史
観察日付 Observation At 220107
投稿日時 Posted At 220107 17:18
エリア Range 妙高・戸隠 Myoko/Togakushi
山岳 Mountain 妙高山
場所 Location 前山BC
同行者 Co-worker David Iles, 中田知也, 佐藤宙斗
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1490m〜1750m
気温 Temp. -11.0(1200hrs / ) 〜 -7.0(1000hrs / )
天気 Sky OVC 雲量10(1200頃に一瞬だが雲の隙間に青空が見えたが終日雪。)
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:NW
風コメント Wind Comments:標高が上がるにつれM-S NW, ひらけた尾根状ではS-Xの突風がN-Sと多方向から吹いていた。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S3
降水コメント Precip. Comments:朝から断続的に降雪が続き9:00でS3, 昼にかけてS1と一時弱まったが降雪はその後また強くなった。
雪崩などの観察 Avalanche Observations No obs
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 標高1750m、東斜面、 昨晩からのHST20cmと旧雪との結合はよく、旧雪は硬度1F-~P+のしまり雪でBT、CT共にNR。 SE-Sには昨日の日射の影響で弱いクラストがHSTの下に薄く形成されていた。
Spin No
コメント Comments
動画URL Movie
総括

昼までの強い北寄りの風の影響で標高1700m以上では風下にストームスラブが形成されている恐れがある。