観察データ

観察データの使い方

南八ヶ岳

220106
日付と場所
投稿者 Observer 鳥山 強
観察日付 Observation At 220106
投稿日時 Posted At 220107 19:49
エリア Range 八ヶ岳 Yatsugatake
山岳 Mountain 南八ヶ岳
場所 Location 赤岳(文三郎尾根)
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1720m〜2898m
気温 Temp. -13.4(0735hrs / 2220m) 〜
天気 Sky BKN 雲量6-9(9時頃から黒雲に覆われる)
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:SW
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S1
降水コメント Precip. Comments:飛雪がM
雪崩などの観察 Avalanche Observations 赤岳主稜付近のガリーからチリ雪崩・サイズ1
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 文三郎尾根往復のみの観察。きっちり踏み固められたトレースが明瞭でトレース上からのトリガーは考えにくい。トレースの左右にスラブの傾向は見当たらない。稜線の東側にはルースな雪が堆積している。 地蔵尾根を下山した方からの情報で、トレースは明確ながら、風による雪の再配分が行われていたとのこと。 樹林帯では、S1の降雪は積雪表面より密度が高く(目視のみ)、雪面付近に一部アップサイドダウンの状態が見られた。 (写真は中山峠下(BTL・北面)の雪上訓練に使用される斜面)
Spin No
コメント Comments 観察はトレース付近に限られる。
動画URL Movie
総括

地形の罠、風の影響に留意。