観察データ

観察データの使い方

小谷

220108
日付と場所
投稿者 Observer 加藤健次
観察日付 Observation At 220108
投稿日時 Posted At 220108 18:20
エリア Range 白馬 Hakuba
山岳 Mountain 小谷
場所 Location 小谷BC
同行者 Co-worker 長澤優作
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 630m〜1900m
気温 Temp. -7.4(0950hrs / 1655m) 〜 -2.0(1300hrs / 1600m)
天気 Sky CLR 雲量0()
風 Wind 風速 Wind Speed:C 0m/s
風向 Wind Direction:
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 午後、日射を受ける急斜面ではスノーボールが複数見られた。 @1050mの北向き急斜面で最近のものと思われるNaの全層雪崩を確認。その他、日射を受けるサポートの少ない急斜面、露出した岩の直下などでグライドクラックを確認。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 行動した範囲内において、昨日のHSTは確実に沈降が進み、旧雪との結合も悪くない。0107MFcrが形成されている場所には多様性があり、場所によっては厚み2センチほど。尾根状の吹き払われた場所ではMFcrが露出していた。7日の夜中からのHSTは昨晩の風によって再分配され、積雪表面は多様性を持っていた。@1600mの北東斜面の吹き溜まりにおけるHSは300+。午前中に日射を受けていた南東向きの斜面では表面が薄くクラストしている場所も見られた。
Spin No
コメント Comments 北向きの斜面ではドライな雪が保存され、板もよく走る。
動画URL Movie
総括