観察データ

観察データの使い方

白馬乗鞍岳

220110
日付と場所
投稿者 Observer 鈴木規之
観察日付 Observation At 220110
投稿日時 Posted At 220110 21:00
エリア Range 白馬 Hakuba
山岳 Mountain 白馬乗鞍岳
場所 Location 栂池高原BC
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1650m〜2160m
気温 Temp. -6.4(1145hrs / 2160m) 〜 -3.8(1000hrs / 1830m)
天気 Sky FEW 雲量1-3(午前中1000hrs頃まではOVC、その後急速に雲が取れ青空となった。)
風 Wind 風速 Wind Speed:C 0m/s
風向 Wind Direction:
風コメント Wind Comments:稜線付近では午後になりLSWの風が吹いていた。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 白馬乗鞍岳SE面、標高2300m付近、面発生、Na、Size1。 裏天狗E面、標高2100m付近、点発生、Sa、Size1.5を複数確認。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 日射の影響を受けた斜面では標高2000m付近まで表層にクラスト層の形成を確認、厚さには多様性があるが標高を上げるにつれ解消されていった。一方日陰斜面では積雪表面は終日ドライに保たれており、スキーカットでも反応はなく行動範囲においては顕著な不安定性は確認できなかった。
Spin No
コメント Comments
動画URL Movie
総括

斜度を落とした日陰斜面では快適な滑走が楽しめました。