観察データ

観察データの使い方

イチャンコッペBC

220113
日付と場所
投稿者 Observer Jun Ishiguro 石黒 淳
観察日付 Observation At 220113
投稿日時 Posted At 220113 16:08
エリア Range 札幌 Sapporo
山岳 Mountain イチャンコッペBC
場所 Location 西斜面など
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 550m〜680m
気温 Temp. -3.8(1330hrs / 680m) 〜 -0.4(1120hrs / 300m)
天気 Sky SCT 雲量4-5(シンクラウド 雪面に影はできない)
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:NW
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S1
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations Sa, DL Size1 R453道路法面にて複数, Na, size1 樹林内のストームスラブ 風の影響で破断面不明瞭だがわずかに残る 過去24時間以内
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 南岸低気圧前の厚みのないDHやFC層にHSTが70-100㎝載る。HSTは降り始めが支笏湖畔のAMEDASで60㎜/24h。最下層DHの層は脆くCTE(SC)のテストスコア。ECTではHST層の硬度が上がらないので伝播するような結果が出ない。初めに地面の植生の影響を受けにくい場所でサンプリングし、その後地表の植生とDHの層の分布を確認した。山の斜面では、おおむね笹はFCの雪で被覆されていて、その上に南岸低気圧のHSTが載っている。SPIN参照。
Spin No Yes(4156)
Yes(4166)
Yes(4176)
コメント Comments 今後HST層の硬度が上がる過程での積雪状態に注意されたい
動画URL Movie
総括