観察データ

観察データの使い方

三峰山

220118
日付と場所
投稿者 Observer 藤井大志
観察日付 Observation At 220118
投稿日時 Posted At 220118 19:35
エリア Range 十勝岳 Tokachi-dake
山岳 Mountain 三峰山
場所 Location 北西斜面
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1270m〜1500m
気温 Temp. -10.0(1205hrs / 1310m) 〜
天気 Sky SCT 雲量4-5(午後からBKN弱い降雪)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:N
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S-1
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations DS.Na.Sz2.北東斜面、富良野岳北尾根の直下。遠い箇所で詳細は不明。 DL.Na.全方位の急斜面。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack HST20cmは弱い北風の影響を受けて旧雪に載る。旧雪は標高を上げると共に硬度を増す。 @1400m、南斜面、斜度40度、CTMでBRK ↓50cm、HST の結合は弱い。 旧雪は概ね正構造で風の影響を受けて硬度を増す層が有る。 HSTは低密度だが斜度30度程度ではスキーカットでも反応は無かった。
Spin No
コメント Comments 低標高は深い積雪で、高い標高の方が滑走に向くコンディション。
動画URL Movie
総括

遅れながら例年並みに藪が隠れて来た印象です。