観察データ

観察データの使い方

谷川岳

180206
日付と場所
投稿者 Observer 寺田匡志
観察日付 Observation At 180206
投稿日時 Posted At 180206 18:36
エリア Range 谷川・かぐら Tanigawa/Kagura
山岳 Mountain 谷川岳
場所 Location 赤沢山
同行者 Co-worker 中林寿之
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 680m〜700m
気温 Temp. -3.9(1500hrs / 700m) 〜
天気 Sky FEW 雲量1-3(夕方になるにつれて雲量が増えた)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:SW
風コメント Wind Comments:時折Mの風。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 標高1200m付近西斜面にてサイズ1.5の湿雪点発生雪崩。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 4日から5日にかけて降った表層の新積雪は焼結が進みつつある。日射の影響を受ける斜面では積雪表面は湿雪となっており部分的に融解凍結していた。積雪中層以下は徐々に硬度を上げる正構造で顕著な脆弱性は確認されなかった。なお積雪表層にはまだ低密度の雪(こしまり雪・1.5mm)が残っておりBTで結果が出た。
Spin No
コメント Comments
動画URL Movie
総括

JMGA雪の安全管理講習2日目。樹林帯での限定的な行動。