観察データ

観察データの使い方

白馬乗鞍岳

220126
日付と場所
投稿者 Observer 渡辺佐智
観察日付 Observation At 220126
投稿日時 Posted At 220126 17:13
エリア Range 白馬 Hakuba
山岳 Mountain 白馬乗鞍岳
場所 Location 栂池高原BC
同行者 Co-worker 黒田誠、林智加子、手嶋常久、野高健司、伊藤裕規
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1570m〜1610m
気温 Temp. -4.3(1600hrs / 1600m) 〜 -0.7(1510hrs / 1570m)
天気 Sky OVC 雲量10(1300頃は太陽の位置が確認できたが、1400頃には見えなくなる)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:SE
風コメント Wind Comments:1400頃にはM,NE
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S-1
降水コメント Precip. Comments:夕方に向けて降雪強度は強まる
雪崩などの観察 Avalanche Observations なし。JANLevel1の積雪観察のため、限定的な観測
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 雪面には昼頃から降り出したあられ(粒度2-3㎜、厚み2㎝)の層があり、その下には26日0000頃から降り出した粒度の大きな非常に低密度の降雪結晶(厚み5㎝弱)がみられる。その下は徐々にしまっていく正構造で安定化の傾向。↓30㎝下に見られるストームスラブの結果は得られず、沈静化の方向か。
Spin No
コメント Comments 今後埋まった雪面がどうなるか知りたいですね。
動画URL Movie
総括