観察データ

観察データの使い方

谷川岳

180207
日付と場所
投稿者 Observer 中林寿之
観察日付 Observation At 180207
投稿日時 Posted At 180207 16:15
エリア Range 谷川・かぐら Tanigawa/Kagura
山岳 Mountain 谷川岳
場所 Location マチガ沢出合
同行者 Co-worker 寺田匡志 出川あずさ
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 770m〜840m
気温 Temp. -4.2(1030hrs / 840m) 〜
天気 Sky CLR 雲量0(次第に雲に覆われ1400hrs以降はOVC。)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:NW
風コメント Wind Comments:時折、M-NW。稜線ではM-NWの飛雪を確認。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:1400hrs以降はS1。
雪崩などの観察 Avalanche Observations 日射の影響のある急斜面にて湿雪点発生雪崩が自然発生でSize1〜1.5が複数。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 最近の低密度(硬度F)の積雪表面層はいくつかのインターフェイスがあるが沈降が進み脆弱性はない。更に下層へと硬度を増す正構造。おおよそ100cm下に融解凍結クラフトがあるが、確認した全層では脆弱性はない。日射の影響のある斜面では積雪表面は融解凍結クラフトがある。
Spin No
コメント Comments 雪の安全管理にて限定的な行動。
動画URL Movie
総括