観察データ

観察データの使い方

八方BC

220129
日付と場所
投稿者 Observer 舎川 朋弘
観察日付 Observation At 220129
投稿日時 Posted At 220129 22:39
エリア Range 白馬 Hakuba
山岳 Mountain 八方BC
場所 Location 八方BC
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1000m〜2000m
気温 Temp.
天気 Sky BKN 雲量6-9(日中で青空が出ることも。)
風 Wind 風速 Wind Speed:C 0m/s
風向 Wind Direction:
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S-1
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations saもしくはscによる、サイズ1程度の足の長いドライルース。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 昨日までの高密度な積雪に、低密度なHST10-20cmが正構造化し載る。尾根上では5cm程度も沢中では20cm程度まで。
Spin No
コメント Comments 昨日までの高密度な積雪層の下層にあるクラスト付近の貧弱性は見受けられない。 ウィンドスラブ及びストームスラブも反応しない。 反応あるのはドライなルースのみである。なお、このドライルースは急斜面下でサイズ規模も付く可能性がある。
動画URL Movie
総括

白馬valleyにおいても北では風の影響下による降雪も、南ではそう風の影響化にない降雪が入っていた。 よって、ウィンドスラブも局所的に反応した標高ある北エリアも、南ではそう顕著なハザードはつかない。