観察データ

観察データの使い方

南魚沼BC

220131
日付と場所
投稿者 Observer Degawa Azusa 出川あずさ
観察日付 Observation At 220131
投稿日時 Posted At 220201 08:38
エリア Range 谷川・かぐら Tanigawa/Kagura
山岳 Mountain 南魚沼BC
場所 Location 南魚沼BC
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 400m〜1140m
気温 Temp. -6.6(1100hrs / 1120m) 〜
天気 Sky OVC 雲量10(昼頃から雲が割れ、薄日も入る。標高1,200 m以上は雲の中)
風 Wind 風速 Wind Speed:C 0m/s
風向 Wind Direction:
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S1
降水コメント Precip. Comments:雪雲が掛かると時折S2
雪崩などの観察 Avalanche Observations 特になし。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 積雪表層から中層は、最近の雪が風がとても弱い状態で降っているため、とても軟らかい状態。下層はしまった安定した構造。日射による融解凍結層が南側にはあるが、温度勾配もなく、結合状態は悪くない。なお、週末に谷川岳にて反応していた新雪層の特定を試みたが不明瞭であった。昼には標高の低いところでは、雪面はやや湿り気を帯びた状態となった。
Spin No Yes(4406)
Yes(4396)
コメント Comments グライドクラックが最近の降雪で埋もれているところがあり、要注意。
動画URL Movie
総括

スキーを外すと北面では腰まで埋まります。雪山のマネジメント能力が必要。