観察データ

観察データの使い方

谷川岳

220202
日付と場所
投稿者 Observer 横山 巌
観察日付 Observation At 220202
投稿日時 Posted At 220202 19:46
エリア Range 谷川・かぐら Tanigawa/Kagura
山岳 Mountain 谷川岳
場所 Location 西黒沢周辺
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 800m〜1450m
気温 Temp.
天気 Sky X 不明()
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:NW
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S-1
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 1400m付近の南寄りの急斜面で人的誘発により多数の面発生雪崩サイズ1.5-2を観察。深さ30-40cm、幅10-25m、長さ40m以上。弱層はDF2mm
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 西と、南東向きの斜面では薄いDFの層、南向きの急斜面では昨日形成されたと思われるMFcrが存在し、その上に30-40cm程のHSTが載っている。このHSTとの境界面に5cm程のDF2mmの層があり、結合が弱く、人の刺激に敏感に反応し遠くまで伝播する。北から東にかけての斜面にもこのDFの層は存在するが、HSTのスラブ化は進んでいなかった。
Spin No
コメント Comments DFの層の今後の結合と北寄り斜面のスラブ化に注意が必要
動画URL Movie
総括