観察データ

観察データの使い方

かぐらBC

220205
日付と場所
投稿者 Observer 長井 淳
観察日付 Observation At 220205
投稿日時 Posted At 220205 15:34
エリア Range 谷川・かぐら Tanigawa/Kagura
山岳 Mountain かぐらBC
場所 Location かぐらBC
同行者 Co-worker 長井里奈
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1410m〜1710m
気温 Temp. -11.0(0900hrs / 1700m) 〜 -9.0(1240hrs / 1515m)
天気 Sky X 不明()
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:NE
風コメント Wind Comments:NE-Eに開けた斜面では時々M
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S2
降水コメント Precip. Comments:S1-S5で強弱ある
雪崩などの観察 Avalanche Observations SE面にて、ストームスラブSize1がSa,Sc,リモートで複数確認
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 主にE〜SEで行動,雪面より↓1mまで掘削,硬度F4層に70cmのHN(F)が載る。 サポートの弱い急斜面で、ストームスラブがスキーカットに容易に反応する。 風の影響を受けやすいE面の緩斜面では、約5m程度のシューティングクラック(厚み50cm)が入る。
Spin No
コメント Comments HSTの沈降がゆっくりで、滑走時雪飛沫で呼吸が難しく滑走が困難。 気温も低く風も弱い。 沈降には時間がかかると思われる。
動画URL Movie
総括

パウダー風呂な1日。 大きな斜面や特徴ある地形を避け小さな地形を選んで行動した。