観察データ

観察データの使い方

唐松岳

220208
日付と場所
投稿者 Observer 谷川健太朗
観察日付 Observation At 220208
投稿日時 Posted At 220208 16:45
エリア Range 白馬 Hakuba
山岳 Mountain 唐松岳
場所 Location 八方
同行者 Co-worker 舎川朋弘
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 900m〜2100m
気温 Temp. -2.4(1240hrs / 1300m) 〜 -6.5(1130hrs / 1800m)
天気 Sky SCT 雲量4-5()
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:W
風コメント Wind Comments:2000m以上の尾根上はStrongの風もある
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 大岩周辺でNaの乾雪面発生雪崩Size1-2 WSで滑り面はMFcrと思われる S斜面でWL複数
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack SE-S斜面は表層に硬度1F-PのWSが5cm程度形成されている。朝から1100までの行動中に発生したと思われる乾雪面発生雪崩Size1-2を確認。日中日射の影響で日照面の雪質はモイストに変化し、S斜面ではWLが複数確認された。 1300m以下でも風を避けるN-NE斜面はドライをキープ。
Spin No
コメント Comments
動画URL Movie
総括

2100m以下の日照面はクラストが埋没しており、そこがアクティブなのかなと思います。 長引く可能性もあるので日照急斜面は要注意。