観察データ

観察データの使い方

五竜BC

220214
日付と場所
投稿者 Observer 加藤健次
観察日付 Observation At 220214
投稿日時 Posted At 220214 22:06
エリア Range 白馬 Hakuba
山岳 Mountain 五竜BC
場所 Location 五竜BC
同行者 Co-worker 深谷奨
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1650m〜1890m
気温 Temp. -2.6(1430hrs / 1300m) 〜
天気 Sky FEW 雲量1-3(午前中は雲量が多かった。朝はVF1400-1700、午後にはガスが抜ける。)
風 Wind 風速 Wind Speed:C 0m/s
風向 Wind Direction:
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 日射の影響を受けにくい急斜面におけるドライルース多数。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 主に北面を行動。風の影響が少ない昨日からのHSTは10cmから多い場所で30cmほど。低密度ではあったが日射の影響を受けやすいアスペクトにおいては午後にはモイスト。南東斜面の日射の影響を受けやすい斜面においては積雪表面から15cm下に非常に薄い硬度Pのサンクラストが存在し、その下に5cmほどの厚さの硬度FのDFと再結晶化したFCが混ざり合った層がありMFcrに載る。FCはコップ状まではいかないものの、粒径は1.5mmから2mmほどの柱状であった。T10は-0.5℃、20cm下の雪温は-4.8℃。MFcr下の雪温は−6℃であった。北側の斜面においてはHST内にウィークインターフェイスがあり、非常に足の長いスラフが日射の影響を受けていない急斜面で流れた。
Spin No
コメント Comments 日射面と日陰の雪のコンディションの差が非常に顕著であった。
動画URL Movie
総括

斜面利用も少なく、静かな山を楽しめました。