観察データ

観察データの使い方

谷川岳

220216
日付と場所
投稿者 Observer Degawa Azusa 出川あずさ
観察日付 Observation At 220216
投稿日時 Posted At 220216 16:45
エリア Range 谷川・かぐら Tanigawa/Kagura
山岳 Mountain 谷川岳
場所 Location 天神尾根周辺
同行者 Co-worker 手嶋常久、高橋玉樹
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 680m〜1500m
気温 Temp. -3.0(1200hrs / 1380m) 〜
天気 Sky FEW 雲量1-3(14時半頃からOVC)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:SW
風コメント Wind Comments:14時半頃からModerate, 北風
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S-1
降水コメント Precip. Comments:14時半頃から本格的な降雪が始まり、その後、S3
雪崩などの観察 Avalanche Observations Na, size 1.5, 面発生, 標高1,500 m付近、南斜面、24時間以内の発生と思われる。複数のサイズ1の点発生雪崩、NaおよびSa。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 天神尾根周辺では、積雪表層は過去数日の新雪10-15cmがあり、急峻な地形で点発生雪崩を発生させている。尾根周辺では、前日の南寄りの風の弱い影響があり、風下側となる北東側へ雪が移動しているが、明瞭なスラブは形成していない。行動した範囲では、HSTと旧雪の境界面の結合状態は悪くない。積雪中層以下は密度の高い構造。
Spin No
コメント Comments
動画URL Movie
総括

JMGA雪の安全管理