股下山

2022/02/18
日付と場所
投稿者 Jun Ishiguro 石黒 淳
観察日付 2022/02/18
投稿日時 2022/02/18 14:18
エリア 札幌
山岳 股下山
場所 北斜面東斜面ほか North and East Face
同行者
Avalanche infomation
観察データ
標高 500m〜900m
気温 -6.9(1130hrs / 750m) 〜 -5.8(1230hrs / 720m)
天気 X 不明(1100hrs一時的に晴れてSCT-BKN 影のできないシンクラウドの時間帯もあり)
風速:M 8-11m/s
風向:N
風コメント:
降水 降水の種類:S 雪
降水の強度:S3
降水コメント:
雪崩などの観察 Sc, DL, size1 足は長く 斜面規模が大きくないので サイズが大きくならなかった
雪崩発生有無 Yes
積雪構造 HN25-30で結束性がない。HNと旧雪の境界に粒径3.0mmのPPsd由来のDFがあり、また硬度の違いがあり乾雪点発生が起きる。ほかは下に行くほど硬度が上がる正構造で不安定性は見られない。南向きはサンクラストを何重にも挟んでいる。
Spin no Yes(4616,4626)
コメント
総括

スキーがよく走る楽しい積雪構造