観察データ

観察データの使い方

かぐらBC

220227
日付と場所
投稿者 Observer 長井 淳
観察日付 Observation At 220227
投稿日時 Posted At 220227 16:28
エリア Range 谷川・かぐら Tanigawa/Kagura
山岳 Mountain かぐらBC
場所 Location 雁ヶ峰BC
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1000m〜1700m
気温 Temp. -4.6(1310hrs / 1500m) 〜 0.7(1100hrs / 1150m)
天気 Sky X 不明(CLR、X、BKN、Xと天気の変化が激しく、視界50mの時間もあった。)
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:NW
風コメント Wind Comments:強弱ある
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S1
降水コメント Precip. Comments:強弱ある
雪崩などの観察 Avalanche Observations 新しい観察は無し
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 標高1600m,NE41度,尾根地形にて、厚み40cm以上の1F層に37cmのF-4F層が載る。顕著な温度勾配は見られず、CTH↓40cmでBRK。至近沢状急斜面の滑走に反応無し。 S向き180度は厚み1〜3cmの0227MFcrが形成されており、日中のHST5〜10cmに埋没した。
Spin No
コメント Comments 大量降雪により沢ボトムが非常に広く、日中突然の視界不良で行動し辛い時があった。 また、BTL内にあったグライドクラックや破断面が0220-0223の大量降雪により埋没した箇所が多数ある。
動画URL Movie
総括