観察データ

観察データの使い方

遠見尾根

220227
日付と場所
投稿者 Observer 鈴木猛志
観察日付 Observation At 220227
投稿日時 Posted At 220227 20:28
エリア Range 白馬 Hakuba
山岳 Mountain 遠見尾根
場所 Location 白馬五竜スキー場
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 600m〜1600m
気温 Temp.
天気 Sky OVC 雲量10()
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:NW
風コメント Wind Comments:朝から、南→東→北→西の順番で夕方までに風向きが変わる。15時以降の西の風は強風(X)
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S5
降水コメント Precip. Comments:0800〜1300の間はS5,それ以降はS1~2程度。
雪崩などの観察 Avalanche Observations 12時30分頃にスキーカットによる雪崩管理作業実施。HST期間降雪量20〜30cm、標高1000〜1300m付近、樹林帯、東向き斜面、HST分がソフトスラブで各所敏感に反応する。size1~1.5。ストームスラブ。 他:自然発生でsize1,ストームスラブ多数。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 旧雪の表面は各所で融解凍結クラストになり、高度1F~P、その上に低密度の今回の降雪が短時間大量降雪(降雪強度S5)20〜30cmで載る。15時以降の強風で1300m以上では再分配が活発に行われた。
Spin No
コメント Comments 日中はどこもかしこも簡単に反応した。強風が吹いた以降は様子が変わった。結着が良くなったような印象もあるが、ウインドスラブも警戒するべきかと。 まぁ、総じて旧雪との結合はあまり良くない。
動画URL Movie
総括

底付きするが、おおむね滑走性良好。風で剥がされた場所によってはアイスバーン。