観察データ

観察データの使い方

焼岳

220303
日付と場所
投稿者 Observer 加藤健次
観察日付 Observation At 220303
投稿日時 Posted At 220303 19:22
エリア Range 立山・穂高 Tateyama/Hotaka
山岳 Mountain 焼岳
場所 Location 焼岳BC
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1520m〜2037m
気温 Temp. -5.0(1100hrs / 1800m) 〜
天気 Sky OVC 雲量10(おおむねOVCだが、午前中時折日がさす時間もあった。)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:NW
風コメント Wind Comments:標高を上げるにつれて風が強くなり、時折Mの風。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S-1
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 極端な急斜面(35°以上)において24時間以内と見られるドライルース多数。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 主に南から東斜面を行動。雲粒の無い粒径2ミリの降雪結晶が日の当たる斜面では厚さ3センチ、硬度Pのサンクラストの上に乗る。積雪表面には多様性があり、日陰と日向の差が激しい。
Spin No
コメント Comments サンクラストは簡単に踏み抜けるのがほとんどだが、風の影響も受けやすい開けた場所ではかなり踏み込まないと板が入らない。
動画URL Movie
総括