観察データ

観察データの使い方

小蓮華山

220319
日付と場所
投稿者 Observer 平田雄樹
観察日付 Observation At 220319
投稿日時 Posted At 220319 18:10
エリア Range 白馬 Hakuba
山岳 Mountain 小蓮華山
場所 Location 小蓮華山
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1650m〜2300m
気温 Temp. 1.7(0900hrs / 1820m) 〜 2.2(1250hrs / 2100m)
天気 Sky BKN 雲量6-9(正午頃に雲が上がってきて1000〜2000mはガスに包まれていた)
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:SW
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S-1
降水コメント Precip. Comments:AMは降水無し
雪崩などの観察 Avalanche Observations Sa 面発生 SIZE2 2600m SE 、Sc 湿雪面発生 SIZE1 2000m S、他24時間以内の降雪中に発生したと思われる湿雪、乾雪点発生 SIZE1〜2 多数
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack HST20〜40cmが2000m以下では濡れた旧雪の上に、2200m以上ではMFcrの上に載っている、NE〜Sほぼ全ての雪崩地形で点発生雪崩が観察され降雪が始まった直後は旧雪との結合が悪かったと思われるが行動中の観察ではHSTは焼結が進み旧雪との結合を強めている。 HST上部10cmは日射と風の影響が有り急速にMFcrが形成されていたが下部は結束が弱い、Scで観察された雪崩は黄砂を含んだ旧雪が滑り面となりHST下部の降雪結晶が弱層になっていた。
Spin No
コメント Comments
動画URL Movie
総括