観察データ

観察データの使い方

小谷BC

220320
日付と場所
投稿者 Observer 加藤健次
観察日付 Observation At 220320
投稿日時 Posted At 220321 00:33
エリア Range 白馬 Hakuba
山岳 Mountain 小谷BC
場所 Location 大渚山
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 800m〜1566m
気温 Temp. -2.6(1320hrs / 1370m) 〜 -0.6(10000hrs / 980m)
天気 Sky OVC 雲量10(午前中に雲の切れ間から日がさす時間があった。)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:SW
風コメント Wind Comments:稜線上はM/Wの風。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S-1
降水コメント Precip. Comments:1000頃と1300頃に一瞬だけあられが降る。
雪崩などの観察 Avalanche Observations なし
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 主に南斜面を行動。昨日夕方から降り続いた5cm〜20cm(吹き溜まり)ほどのHSTが旧雪の上に乗る。旧雪表面は3cmほどのクラストが形成され、その下はウェットなざらめ雪。0319MFcrはストックでは貫けないが、スキーでは簡単に踏み抜くことができる。旧雪と新雪との結合は良い。
Spin No
コメント Comments 標高を上げるごとに雪質が変化し、1100m辺りから積雪表面はドライに。1430頃に下山した際、標高の低いエリアでは積雪表面に薄いクラストが形成され、程よいモナカ状態に。
動画URL Movie
総括

3月のラッキーパウダーで予想以上にいい雪でした。