観察データ

観察データの使い方

雄山

220508
日付と場所
投稿者 Observer 旭 立太
観察日付 Observation At 220508
投稿日時 Posted At 220508 23:42
エリア Range 立山・穂高 Tateyama/Hotaka
山岳 Mountain 雄山
場所 Location 御前沢
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1830m〜3003m
気温 Temp.
天気 Sky BKN 雲量6-9(1100頃までFEW、その後高曇り。)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:NW
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 御前沢(サル又のカール)内にて、ここ数日のものと思われる雪庇やブロック崩落による自然発生の大きな雪崩を観測。東斜面、2900m付近、サイズ3.5〜4、走路長は1000m超。北斜面、2700m付近、サイズ3。北〜東斜面にてスキーカットで点発生湿雪雪崩、サイズ1〜1.5多数。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 春の融解凍結サイクル。0507夜からの降雨により全体的に含水率は高め。朝のうち積雪表面は硬度Kであったが日中、昇温や日射影響により融解が進みF。風の影響がある斜面では硬度は保たれたまま。
Spin No
コメント Comments 粒形の大きなザラメ。
動画URL Movie
総括

雪庇やブロックの崩落、崩壊からの雪崩に特に留意したい。見た目に大きさは小さくとも質量を考えると雪崩サイズは大きなものが大きく、可能性は低くても遭遇した際のダメージは大きい。