観察データ

観察データの使い方

白馬乗鞍岳

180214
日付と場所
投稿者 Observer 黒田 誠
観察日付 Observation At 180214
投稿日時 Posted At 180214 17:46
エリア Range 白馬 Hakuba
山岳 Mountain 白馬乗鞍岳
場所 Location 鵯峰
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1650m〜1950m
気温 Temp. -3.4(1245hrs / 1850m) 〜 -4.5(1415hrs / 1800m)
天気 Sky FEW 雲量1-3(1500より急速に天候悪化.1600にはOVC。)
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:W
風コメント Wind Comments:森林限界以上では,強い西風による飛雪が全ての山域で観察された。樹林帯にも風は下りてきており、雪の移動は活発だった。1500以降は、風向きが南西よりになる。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 1800~2500mで東を中心に180°でサイズ1.5〜2.5の面発生雪崩が複数自然発生していた。大きな雪庇を落としたが反応なし。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 強い西風の影響で、積雪の移動が活発で、広い範囲にウインドスラブの形成が進行していた。昨日までの降雪により積雪は、低密度の層をはさむ形になっており、その低密度な層は未だ樹枝状結晶の形を残すコシマリユキで、テストでは反応が出る。(CTH(SP))。フットペンは40~60cm。南向きの急斜面の積雪表面は、サンクラストを形成。
Spin No Yes(1542)
コメント Comments 南斜面のサンクラストは、スキーでは軽く引っかかる程度。
動画URL Movie
総括