雪崩ハザード評価の登録

投稿者 野高健司

投稿日時:2022/12/24 19:17

エリア八甲田 山岳岩木山 場所岩木山BC

観察日付:2022/12/24


標高400m〜1080m
同行者


観察データ

気象データ


気温 -3.0(1240hrs / 1080m) 〜 2.7(1325hrs / 400m)


天気

午前BKN 雲量6-9
午後BKN 雲量6-9


降水種類

午前Nil なし
午後Nil なし


降水強度

午前
午後


HST


HS Range


風速

午前L 1-7m/s
午後L 1-7m/s


風向

午前NW
午後NW


飛雪


気象コメント 正午前後は一時的にOVC


雪崩データ


雪崩などの観察


雪崩発生有無 No


シューティングクラック No

積雪データ


重要な層と弱層とテスト結果


積雪構造 N面での行動、観測。1223MFcr(厚み1cm、硬度P)の上にHST5~15cmが載り、結合は悪くない。MFcrは、BTLでは歩行時にたやすく砕けて歩きやすいが、TLで風の影響を受けた場所では硬くなり載るHSTも薄く歩きづらい。滑降時は標高や地形を問わず底つき感があった。


spin_no

観察に関わるコメント


思いのほか1222降雨による融雪は進んでいなかったが、いぜん地形の凹凸が顕著。藪、沢も埋まりきっていない。

現地画像

一覧に戻る

Donation -寄付-

日本雪崩ネットワークは様々な情報を提供するために、日々活動しております。今後も持続し続けて行くためにも皆様のご協力が必要です。