南八ヶ岳

2018/02/19
日付と場所
投稿者 杉坂 勉
観察日付 2018/02/19
投稿日時 2018/02/19 22:37
エリア 八ヶ岳
山岳 南八ヶ岳
場所 八ヶ岳西面
同行者
Avalanche infomation
観察データ
標高 1680m〜2899m
気温 -15.8(0750hrs / 2750m) 〜
天気 FEW 雲量1-3(午前8時以降は稜線に雲がかかり始めた。)
風速:M 8-11m/s
風向:W
風コメント:午前9時以降2500mより上はS、Wの風。
降水 降水の種類:Nil なし
降水の強度:
降水コメント:
雪崩などの観察 なし
雪崩発生有無 No
積雪構造 TLより下の標高帯では厚さ5cmのクラスト層の上に高度F~4FのHSTが乗る。クラスト層との結合は悪くない。クラスト層の下は高度4Fのこしもざらめ。FPは50㎝~60㎝とかなり深く潜る。 TLより上のALPでは風の影響を強く受けており、稜線上は積雪が剥離されたところは10cm未満。再配分された吹き溜まりでは50㎝前後。吹き溜まりの積雪表面は5㎝程度のクラスト層を形成しており、その下は高度F~4Fのこしもざらめ。クラスト層は簡単に踏み抜く。FPは20㎝程度。
Spin no
コメント 八ヶ岳西面はドライな降雪が多いせいか、風の影響で尾根上はかなり剥離されている印象。沢地形もそれほど吹き溜まりは多くない。剥離した雪は八ヶ岳東面(清里側)に再配分されたと思われる。
総括