白馬乗鞍岳

2018/02/23
日付と場所
投稿者 黒田 誠
観察日付 2018/02/23
投稿日時 2018/02/23 15:27
エリア 白馬
山岳 白馬乗鞍岳
場所 親沢
同行者
Avalanche infomation
観察データ
標高 1650m〜2100m
気温 -7.8(1300hrs / 1950m) 〜 -6.5(0900hrs / 1650m)
天気 SCT 雲量4-5(高い稜線は雲の中)
風速:M 8-11m/s
風向:SW
風コメント:午前中はW、時間の経過と共に南要素強まる。森林限界付近より上の標高では、雪の移動が活発。
降水 降水の種類:Nil なし
降水の強度:
降水コメント:
雪崩などの観察 2000m、東向き急斜面で乾雪点発生雪崩サイズ1が自然発生で複数。2500m東向き斜面でサイズ2.5の面発生雪崩、自然発生と思われる。
雪崩発生有無 Yes
積雪構造 昨夜の放射冷却の影響で、積雪表面は再結晶化が進む。地形により風の影響が少ない場所では、表面霜の発達が見られた(〜5mm)。日照斜面では融解凍結層、北面ではP~1Fのしまり雪のうえにここ数日の降雪による雪(5~20cm)がのっている。全般的な傾向としては、上下の結合は良いのだが、北面の一部では、しまり雪の上に硬度Fの降雪結晶の層(厚み5〜20mm)の上に4Fの新雪が載っていて、結合が悪い。南向き斜面で積雪が薄い場所では、0221MFcrの上に再結晶化が見られ、上載積雪との結合が悪い。南向き斜面には、しっかりしたサンクラストが形成された。
Spin no
コメント 斜面利用が減ってきている。平和な休日。写真は2mmゲージ。
総括