雪崩ハザード評価の登録

投稿者 藤井大志

投稿日時:2023/03/18 22:31

エリア十勝岳 山岳富良野岳 場所東斜面

観察日付:2023/03/18


標高1000m〜1650m
同行者


観察データ

気象データ


気温 〜 -2.0(1005hrs / 1000m)


天気

午前BKN 雲量6-9
午後BKN 雲量6-9


降水種類

午前S 雪
午後S 雪


降水強度

午前S-1
午後S-1


HST


HS Range


風速

午前M 8-11m/s
午後M 8-11m/s


風向

午前W
午後W


飛雪


気象コメント 午前中は視界良好も午後から視界不良


雪崩データ


雪崩などの観察 無し


雪崩発生有無 No


シューティングクラック No

積雪データ


重要な層と弱層とテスト結果


積雪構造 降雨によるウロコ状のMFcrにドライなHST15cmが積載する。西風の影響で尾根上はMFcr(K)が露出する。MFcrとHSTのポンディングは悪く無いが、薄い箇所はシール歩行で滑る。


観察に関わるコメント


3月半ばとしては良いコンディションの滑走。良く走る積雪で緩斜面が気持ち良い。急斜面ではHSTは薄く底付き感が強い。

現地画像

一覧に戻る

Donation -寄付-

日本雪崩ネットワークは様々な情報を提供するために、日々活動しております。今後も持続し続けて行くためにも皆様のご協力が必要です。