観察データ

観察データの使い方

白馬乗鞍岳

180318
日付と場所
投稿者 Observer 黒田 誠
観察日付 Observation At 180318
投稿日時 Posted At 180318 17:28
エリア Range 白馬 Hakuba
山岳 Mountain 白馬乗鞍岳
場所 Location 天狗原周辺
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1470m〜2200m
気温 Temp. -3.0(0545hrs / 1470m) 〜
天気 Sky SCT 雲量4-5()
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:W
風コメント Wind Comments:飛雪は時折しか見られない
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 局所的にウインドスラブが反応する。厚みは2~5cm程度。大きく破断しない。1012AM,2150m南東斜面でサイズ1.5の湿雪点発生雪崩が自然発生。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 風による再分配が進み、風の影響が強い部分では0316MFcrが露出してる。0316の降雪による積雪は、密度の高いものとなり、標高の高い北面では、旧雪との間にコシモザラメが挟まっており、結合は良くない。2100m以下の南向き斜面では、積雪表面は濡れたザラメになっている。
Spin No
コメント Comments 全山カチカチの時に、柔らかい雪があれば、それはウインドスラブであることが多いので、傾斜を落として楽しみたいです。
動画URL Movie 動画あり
総括

他のパーティの安全にも配慮して行動出来れば、スマートですよね。