観察データ

観察データの使い方

白馬乗鞍岳

180322
日付と場所
投稿者 Observer 林智加子
観察日付 Observation At 180322
投稿日時 Posted At 180322 20:29
エリア Range 白馬 Hakuba
山岳 Mountain 白馬乗鞍岳
場所 Location 栂池高原BC
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1600m〜2200m
気温 Temp. -0.5(1220hrs / 2200m) 〜 0.4(1015hrs / 1830m)
天気 Sky SCT 雲量4-5(午前中はOVC。徐々に雲が薄くなり温室効果、日射の影響を受けた。)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:SE
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:午前中はS-1
雪崩などの観察 Avalanche Observations 自然発生 ウインドスラブ(共に湿雪) サイズ1-2 S-SE 斜面 標高1700-2000m 多数。ワッフ音多数(午前中)。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 風により再配分されたHST15-80cmが旧雪の上に載っている。0321MFcr上に形成されていたこしもざらめ雪層で結合が悪くSE斜面にて多数のワッフ音を聞くが、午後のS斜面では聞かなくなった。日射と昇温により標高1900m以下では全方位の積雪表面はモイストになる。低標高帯では雨の影響により積雪深が減っている。テストプロファイル@1900m SE斜面 CTE2(SC)↓70cm on こしもざらめ1mm。0321MFcr上下の積雪温度勾配は1.1~1.3度あり。
Spin No
コメント Comments 斜度、地形をみて慎重に行動した。天狗原の斜面は風の影響により波打っており滑りにくかった。
動画URL Movie
総括