雪崩情報

かぐら谷川武尊

2022/01/14 04:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Low
森林限界 Fair
森林帯 Fair

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩

昨日(13日)、新しい雪崩を観察した報告はないが、視界も悪く入山者が少なかったため限定的な観察。

積雪

積雪中層部の結合は上がってきている。その上に13日夕方から強まった降雪が、多いところでは60cm以上載っている見込み。旧雪との境界面に低密度の降雪が観察されており、新たな降雪との結合に注意が必要。低い標高では藪も濃く、沢に穴が開いている。

天候

4時現在、アメダス藤原で気温-6℃。過去12時間で37cmの降雪。周辺では降雪が続いている。気象庁の13日17時の発表では、強い冬型の気圧配置となるため、群馬県北部は雪で夜は曇りとなる見込みとの予報を出している。

行動と地形の助言

大量降雪により雪崩の危険度が高い状況です。樹林帯の斜度が低いところでの行動をお勧めします。自身が斜度の低い場所にいても、頭上の雪崩発生区からの雪崩の可能性に注意してください。急斜面に形成されている、結合の進んでいないストームスラブの存在に注意してください。斜度が急激に変化するような場所からの誘発に注意が必要です。低い標高ではまだ積雪が少ないため、発生した雪崩のサイズが小さくても被害を大きくしてしまう深い沢、がけ、岩、立木等の「地形の罠」が露出しています。冬型の気圧配置が続く予報です。今後の積雪量の変化に注意して行動してください。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。