雪崩情報

妙高

2022/01/24 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair
森林限界 Fair
森林帯 Fair

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

極端な地形局所に形成

留意すべき雪崩

全層雪崩 Glide slab

既にグライドクラックの開いた斜面や極端な地形形状にて

概要

雪崩

昨日(23日)は、標高2400m 付近の東斜面にて、自然発生によるサイズ1.5のウインドスラブの雪崩が観察報告されています。また、隣接する白馬山域の標高が低いところでは、全層雪崩が複数、報告されています。

積雪

荒天の雪は沈降を進め、不安定性は解消しています。標高の高いところの地形局所に残るウインドスラブの危険には継続的に注意が必要です。昨日は、天気予報ほどの昇温とはなりませんでしたが、以前の低温と比べると大幅な気温上昇となっており、それが積雪の変形を早めています。このような時、少ない降雨量であっても、全層雪崩は発生しやすくなりますので、注意が必要です。

天候

気象庁は、新潟県上越地方に対し、北の風、雪か雨、昼前からくもり、最高気温5度(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温-4℃(5時現在)、過去24時間で新たな降雪はありません。

行動と地形の助言

現在、弱い降雪・降雨がありますが、この後、まとまった量となる予報はでていません。日射や昇温の影響の強い斜面では、うっすら積もった雪の下に、昨日の昇温の影響を受けたクラストや荒れた斜面がある可能性を忘れずに。雪崩危険度の低い日であっても、雪崩地形内に入る際は、危険に曝される時間と人数を減らすグループマネジメントを何かしらするようにしてください。そうしたことの繰り返しが、良い行動様式を習慣化させ、別の日にありうる事故を小さくしていきます。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。