雪崩情報

妙高

2022/01/31 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Low
森林限界 Fair
森林帯 Fair

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩

昨日(30日)は森林帯にて、自然発生したサイズ2の面発生雪崩、スキーカットによるサイズ1の面発生雪崩、そして積雪表層にある結束性の弱い雪によるスラフが観察されました。

積雪

積雪の表層付近において、北側では、26日から27日にかけての新雪による脆弱性が完全に解消していないところ、南側では、29日に形成した融解凍結クラストとその後の降雪が十分に強度を上げていないところがあります。昨日の時点で積雪表面付近にあった結束性の弱い雪は、北西の強風で再配分されていると考える必要があります。

天候

気象庁は、新潟県上越地方に対し、北西の風、後、やや強く、雪、時々、くもり、最高気温4度(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温-9℃(5時現在)、過去12時間で2 cmの降雪を観察しています。

行動と地形の助言

危険な雪崩コンディションです。強い北西の風で形成されたウインドスラブに警戒してください。ウインドスラブが形成している場所では、昨日よりも大きな規模の雪崩が発生しえます。北東から南東の大きな開放斜面は避け、自分の上部に大きな発生区がないか確認しつつ、そのような場所で休憩をしないように。風の影響のない、斜度を落としたルートを探せば、雪の状態は良く、安全に滑走を楽しめます。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。