雪崩情報

白馬

2022/02/01 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair
森林限界 Low
森林帯 Fair

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩

昨日(1月31日)は、新しい雪崩の観察報告は入っていません。

積雪

森林帯では一昨日(30日)まで反応を見せていた以前の新雪による脆弱性も、概ね解消されていることが観察されています。積雪中層以下では、顕著な脆弱性は観察されていません。森林帯上部より標高が高い場所で、昨日(31日)は強い北西の風が吹き、ウインドスラブが形成しています。情報が限られており、このウインドスラブについては不確実性が高い状態です。

天候

気象庁は長野県北部に対し、南の風、晴れ、後、くもり、夜、雪、最高気温3℃(標高418m)を予報しています。白馬山麓(標高703m)にて、気温-4.6℃(5時現在)、過去12時間で新たな積雪はありません。5時現在、ごく弱い降雪がありますが、予報ではまとまったものにはなりません。

行動と地形の助言

標高を上げる方は、昨日の強い北西の風で形成したウインドスラブに警戒してください。硬いスラブは安全を意味しませんし、その誘発感度はプロであっても見積もりにくいものです。森林限界付近の地形局所には、数日前まで反応していた弱い雪が完全に強度を上げないまま、そのスラブの下に隠れている可能性があります。登行しながら風の影響を探してください。登山をされる方は、尾根の上にいるからといって安心しないように。稜線の岩を避けるため、風下側に少し回り込んだ際、薄いごく小さいウインドスラブを踏み抜き、滑落する事故がこれまでも発生しています。地形を上手に使った賢いグループマネジメントで良い一日を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。