雪崩情報

妙高

2022/02/04 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair 山域の海側、北側を考慮したレイティング
森林限界 Fair 山域の海側、北側を考慮したレイティング
森林帯 Fair

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

山域の海側、北側で注意

概要

雪崩

昨日(3日)は、山域の南側、森林帯の極端な地形にて人的な刺激でサイズ1の面発生雪崩が報告されています。また、隣接する白馬山域では、南寄りの風で移動した雪による面発生雪崩が複数、観察報告されています。

積雪

山域の海側および北側での降雪が多くなっており、森林帯にて過去12時間で20-30 cmです。新雪は北西~西の風の影響を受けており、この雪が形成するストームスラブに注意が必要です。森林限界以下では、積雪中層以下には問題となりそうな脆弱性は、これまでのところ報告されていません。

天候

気象庁は、新潟県上越地方に対し、北西の風、後、西の風やや強く、雪、最高気温3度(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温-8℃(5時現在)、過去12時間で5 cmの降雪を観察しています。

行動と地形の助言

降雪が多かった山域の海側と北側では雪崩コンディションが高い日です。過去2日間の新雪内にある不安定性に警戒してください。小さい安全な地形を使い、状態の確認をお願いします。地形内にある誘発しやすい場所(たとえば、凸状や地形が積雪を支えない形状、スラブが薄いところなど)や、とても急な地形に形成している風の影響を受けたスラブに注意を払って下さい。冬型は継続しており、週末に向かってまとまった降雪の予報も出ています。それも考慮した行動計画を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。