雪崩情報

白馬

2022/02/10 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Good 降雪状況に留意
森林限界 Good 降雪状況に留意
森林帯 Good 降雪状況に留意

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

地形局所に留意

概要

雪崩

昨日(9日)は新しい雪崩の観察報告はありません。

積雪

荒天の雪は落ち着き、西から北西の風の影響の強いところでは、以前の硬い雪面が露出する、あるいは局所に時間経過したウインドスラブが形成しています。現在、積雪に顕著な脆弱性は観察されていません。低気圧の進路と発達の程度によって、強めの降雪が始まった場合、点発生雪崩が起こりうる状況となるかの見極めをしてください。上空ではすでに南西の風が入ってきています。

天候

気象庁は長野県北部に対し、北の風、雪、朝晩、くもり、最高気温1℃(標高418m)を予報しています。白馬山麓(標高703m)にて、気温-5.5℃(5時現在)、過去12時間で新たな降雪はありません。

行動と地形の助言

極端な地形などに残る局所の不安定性に注意してください。積雪が安定していると感じても、雪崩の危険に曝される場所(=雪崩地形)に入るときは、なにかしらの安全行動(仲間との間隔を適度に空ける等)をするにようしてください。地形に対する日々の認識と、それに基づく行動様式の習慣化が、万が一のときの事故を小さくします。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。