雪崩情報

妙高

2022/02/16 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Low
森林限界 Low
森林帯 Fair

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩

昨日(15日)は、標高1,800 mの東斜面にて、人的な誘発によるサイズ1の面発生雪崩が報告されています。また、極端に急な南斜面にて、サイズ2の全層雪崩が観察されています。

積雪

昨日の昇温と降雨により、概ね標高1,000 m以下の雪面は濡れるあるいは湿り気を持ったものになりました。さらに標高が低いところでは、降雨によって積雪強度が低下し、全層雪崩も観察されています。その後、山域の海に近い地域の標高が高い場所で、ある程度のまとまった降雪となっていますが、情報が不足しており、今後の観察が必要な状況です。

天候

気象庁は、新潟県上越地方に対し、西の風、雪、最高気温4度(標高13 m)を予報しています。妙高関山(標高350 m)にて気温-1.4℃(5時現在)、過去12時間で新たな降雪はありません。山域の西側の標高1000m付近では、過去24時間で25 cm程度の降雪を観察しています。

行動と地形の助言

主な懸念事項は積雪表層付近にありますので、登行しながら、新雪の量や旧雪との境界面の状態を探ってみてください。日射の影響の強い場所では、新雪の下に融解凍結層があり、量の把握が簡単かも知れません。風の影響が強い場所であれば、風で叩かれ硬い雪面から、それがわかるかも知れません。状況についての確信が持てない場合は、斜度を落とすこと、誘発しやすい場所(凸状地形など)を避けることが最善です。天候は悪化傾向ですので、それを考慮した行動計画を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。