雪崩情報

ニセコ・羊蹄・余市・尻別

2022/02/17 07:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Good 標高の高いところでは、中程度から強い南東の風で、風下側にはスラブが形成しています。Moderate to strong South Easterly winds have transported snow onto lee slopes creating slabs at higher elevations.
森林限界 Good 南東の風の風下側の地形局所に、風で移動した雪が堆積しています。Isolated small pockets of wind load may be found lee to the Southeast winds around specific terrain features.
森林帯 Good 標高の低いところでは、グライドクラックが継続的に懸念事項となっています。Glide cracks remain a concern as they grow at lower elevations.

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

過去48時間、継続した普段とは異なる風により、ウインドスラブが地形局所に形成しています。この風で移動した北側の斜面の雪の下には、低密度で結合力の弱い雪があるため、不安定性を生じさせます。稜線付近では新しい風の影響の兆候を探してください。Small low volume pockets of wind slab may be found on lee slopes after a reverse wind pattern over the last 48 hours. This wind transported load will be deposited on low density loose dry snow on Northerly slopes creating a near-surface instability. Look for signs of fresh wind pressed snow around ridgelines.

概要

雪崩

地域の北側では、過去数日に渡って、複数の面発生雪崩が報告されています。2月15日には、サイズ2の雪崩が北東から東斜面に渡って発生しています。標高は900 m付近、破断面の深さは35 cm程度です。また同日、余市岳の北斜面、標高1,050 m付近にて、サイズ1.5の雪崩が人的誘発で起きています。雪崩は幅15 mほどですが、50mほど流下しています。16日には、992ピークの北側で発生した雪崩は、サイズ1.5、破断面の幅40 m、深さ30 cm、流下距離は80 mほどでした。Multiple slab avalanches have been reported over the last few days in the North of the range. On the 15th Feb a size 2 slab was triggered at 900m along a North East to East creek line the crown wall was 35cm and the bed surface. Also on the 15th a slab size 1.5 was triggered on the North face of Yoichi dake around 1050m the crown was 30-35cm fracture and the slide was 15m wide and ran for 50m. On the 16th a slab size 1.5 failed on some decomposing fragments within the previous snow on a Northerly aspect of 992 peak, the fracture was 30cm deep and the slide was 40m wide and ran for 80m.

積雪

南寄りの風による5 cmほどの降雪があったのち、日差しもなくなりました。中程度から強い南風が、風下に雪を移動させています。積雪中層と下層は安定した状態にありますが、標高の低いところでは、グライドクラックが成長を続けています。We have received about 5cm of new snow from the South over the last few days and broken periods of sunshine. Moderate to strong Southerly winds have transported available snow onto lee slopes around ridgeline. The mid and lower packs remain stable however at lower elevations glide cracks continue to grow.

天候

本日(木曜)の午後には、風は北寄りへと変わり、その後、弱い降雪が始まる予報がでています。風速は弱いままで、この後、まとまった降雪の予報は出ていません。The winds will move back round to the North on Thursday afternoon indicating the start of light snowfall for the next few days. Wind speeds will remain low and we are not expecting much snow accumulation over the coming days with the North of the range receiving the best numbers.

行動と地形の助言

過去数日の普段とは異なる風向(南寄りの風)によって、新しく雪が堆積した場所を探してください。形成間もない雪庇などが手がかりになるかも知れません。そして、新しく形成したスラブの状態をテストしてみてください。雪崩情報の各セクションで触れているように、標高が低いところでは、グライドクラックに注意してください。With a slightly unusual wind direction over the last few days look for visual clues such as fresh cornice development for an indication of where the latest new snow has been deposited and test the bond on any new slabs formed. As mentioned through out the forecast be wary of glide cracks at lower elevations.

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。